中堅・中小製造業に150社以上の導入実績

クラウド型生産管理システム

ASPACクラウド.com

月額2万円からご利用できます

ASPACクラウドとは

ASPACクラウドは、「平成25年度補正 ものづくり・商業・サービス革新事業」の補助金を活用して、株式会社アスコット、株式会社アイエルエス、株式会社イースクラム、コンピュータ・サイエンス株式会社の4社共同でサーバ設備を導入し、クラウドサービスを提供しています。
補助金を活用しているため、お求めやすい価格で提供しています。

中堅・中小製造業に150社以上の導入実績がある生産管理システムを、より簡単にご利用いただけるようにクラウド型で提供するサービスです。自社でサーバを保有した場合に必要なサーバ管理やバックアップ・日次処理等の作業は不要です。
サーバ管理者を設置することなく、簡単に安価に生産管理システムを始めることができ、導入企業のIT導入による業務効率化を支援します。

ASPACクラウドの特長

特長.1

中小製造業に数多くの実績がある生産管理システムを簡単に利用できます。

販売管理や購買管理といった部分的な利用も可能です。

特長.2

サーバを自社に導入する必要がありません。

サーバの故障対応や、バックアップ・日次処理の実行等の管理から開放されます。

特長.3

カストマイズが可能です。

生産管理システムを自社の業務にあわせて変更したい場合は、カストマイズが出来ますので、本当に役に立つシステムを実現します。

ASPACクラウドサービスの概要

ASPACクラウドサービスでは、クラウドセンターに導入企業ごとに専用仮想サーバを構築し、そこで生産管理システムを利用できます。夜間には自動的にデータのバックアップが行われます。
パソコンとプリンタ、インターネットに接続できる環境があれば利用できますので、自社へのサーバ導入は不要です。
専用仮想サーバとパソコン間は、VPN(Virtual Private Network:仮想専用ネットワーク)で接続しますので、セキュリティが確保されています。

サービス概念図

ASPACクラウドが提供するアプリケーション

1. ASPAC-生産管理.クラウド

ASPAC-生産管理は、㈱アスコットが開発した中堅・中小製造業向けEDI連携型販売・生産統合情報システムです。
中小製造業が基幹システムとして必要とする販売管理システム、生産管理システム、購買管理システムをオールインワンで提供しています。

2. AsPLAs(アスプラス).クラウド

AsPLAsは、業界団体である一般社団法人西日本プラスチック製品工業協会と共同開発したプラスチック製品製造業向けの生産管理システムです。
プラスチック成形業が必要とする部品表(BOM)として、成形機や金型、単重、取り数、ランナー重量、ショット重量、サイクルタイムといった情報があらかじめ登録できるようになっています。
また、プラスチック成形業に必須の金型管理(基本情報管理、在り場所管理、ライフ管理)機能を標準で提供しています。

最新情報

  • 2016年2月24日 : サイト公開しました。